江戸時代から250年余り続く伝統の奥深い味。それが老舗のかめびし醤油です。

トップ >>ブログ
最新記事
(03/03)1月31日 ジャン・ジョルジュ東京 米澤シェフとむしろ麹醤油
(09/16)かめびし屋連中(スタッフ)の新昼食会6回目
(09/08)かめびし屋連中(スタッフ)の新昼食会5回目
(09/01)かめびし屋連中(スタッフ)の新昼食会4回目
(08/25)かめびし屋連中(スタッフ)の新昼食会3回目
<< 2015年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2015年09月01日(火)
かめびし屋連中(スタッフ)の新昼食会4回目
雨の日が続きますが皆様はいかがお過ごしでしょうか。
お天気が悪いと洗濯物が乾かなくて困りますね。

それでは、第4回の昼食メニューはこちらになります!


【だし醤油を使った親子丼、ちゃんこ鍋、豚バラとズッキーニのマヨ醤油炒め】





レシピの紹介です。


だし醤油を使った親子丼

〈材料〉
・鶏もも肉 50g
・玉ねぎ 4分の1玉
・卵 1個
・ご飯 1合

こいくちだし醤油 大さじ3
・水 100cc
・みりん 大さじ1
・砂糖 大さじ1

〈作り方〉
@肉を一口大にカットする。
A玉ねぎを細切りにする。
Bこいくちだし醤油、水、みりん、砂糖を混ぜる
Cフライパンで肉、玉ねぎを炒める。
D火が通ったらBを入れる。
E沸いたら弱火にして溶き卵を入れる。
Fご飯にかけて完成!


ちゃんこ鍋
〈材料〉
・豚バラ肉 100g
・キャベツ 4分の1玉
・大根 2分の1

ニガリ淡口醤油 100ml
・酒 50ml
・みりん 50ml
・しょうが 適量
・鶏がらスープの素 適量
・砂糖 少々
・水 1.5L

〈作り方〉
@酒、みりん、醤油、しょうが、鶏ガラ、砂糖を鍋に入れ、沸騰させアルコールを飛ばしてつゆを作る。
A大根は半月切り、キャベツは1口サイズ、豚肉は1口サイズにカットする。
B大根を水から湯がき、@を入れ、豚肉を入れ、キャベツを入れてひと煮立ちさせたら完成!


豚バラとズッキーニのマヨ醤油炒め

〈材料〉
・豚バラ肉 200g
・ズッキーニ 2分の1本
・マヨネーズ 大さじ2
十歳造 小さじ2
・一味 適量

〈作り方〉
@ズッキーニは半月切り、豚バラは3分の1くらいの長さに切ります。
Aフライパンにマヨネーズを入れ、豚バラ肉を炒めます。
B色が少し変わってきたところでズッキーニを入れて焼き色をつけ、仕上げに醤油を入れて全体にからめたら完成!



今回は男3人だったのですが完全にTHE男飯になりましたね。でも男飯特有のおいしさが何とも言えませんでした。

親子丼はつゆだくな感じで仕上がっており、私はつゆだくが好みなのでとてもおいしくいただきました!そこまで甘くもなく、かといって濃くもない絶妙な感じでした。

ちゃんこ鍋は少し大きめになっている野菜がふんだんに入っていて、とてもボリューム感があり満足できました。

豚バラとズッキーニのマヨ醤油炒めはマヨネーズの味がそこまで感じられず、一味のピリッとした感じがご飯が進みます!十歳造を使用していますがここは普通に濃口醤油でもいいけど高級感を出してみたかったそうです。


次回の昼食会は9月8日になります。


※画像をクリックすれば拡大します。|↑トップへ

2015年08月25日(火)
かめびし屋連中(スタッフ)の新昼食会3回目
2週間日があきましたが、今回も昼食会の更新をしていきたいと思います。
当日は台風が通過し、大荒れの天気となりました。台風が通り過ぎると少し秋めいてきたかなと感じました。

それでは第3回の昼食メニューはこちらになります!

【海鮮チャンポン、棒棒鶏】



レシピの紹介です。


海鮮チャンポン(7〜8人前)

〈材料〉
・えび(から付き) 300g
・いか 300g
・豚肉 200g
・キャベツ 小1玉
・もやし 2袋
・じゃこ天 4枚
・中華麺 1000g

にがり淡口醤油 適量
・ごま油 適量
・塩こしょう 適量

〈作り方〉
@エビのからを剥き、からはフライパンで炒ってから水を入れ、出汁を取る。
A下処理したエビ、イカを炒めて一度取り出す。
B棒棒鶏用の鶏肉の煮汁とエビのからから取った出汁を合わせる。
C豚をキャベツ、もやしをさっと炒めて、じゃこ天、エビ、イカを加える。
Dそれに出汁を加え、ニガリ淡口しょうゆを加える。
Eごま油を適量加え、湯がいた麺にかければ完成!



鶏胸肉の棒棒鶏

〈材料〉
・鶏胸肉 100g
・きゅうり 1,5本
・もやし 1袋
・いりごま 少々
・青ネギ 少々

・練りごま 100g
500年の滴(ゆずポン酢) 50cc
三年醸造醤油 20cc
・ラー油 少々

〈作り方〉
@鶏胸肉はネギと一緒にサッと火が通るまで茹で、1口大にカットする。
Aもやしもサッと茹でる。軽く塩とごま油で下味をつける。
Bきゅうりはスライサーでスライスして水にさらす
C練りごま、ゆずポン酢、3年醸造しょうゆ、ラー油をボールで混ぜる。
Dきれいに盛り付けて完成!


具沢山の海鮮チャンポンは、出汁がとても美味しくて最高でした。汁の残りは、このまま海鮮スープとして提供してもいいかなと思いました!

棒棒鶏は夏にピッタリですね。ゆずポン酢が食欲を沸き立てています。練り胡麻が使われており、胡麻の風味が口の中に広がり美味しかったです。


次回は9月1日になります。お楽しみに!

↑トップへ

2015年08月04日(火)
かめびし屋連中(スタッフ)の新昼食会2回目
男3人の昼食会で少し不安もありましたが、とてもおいしい料理が出来上がりました!

第2回の昼食メニューはこちらになります!
【ハマチの漬け丼〜漬け出汁茶漬け〜、タコとコーンのピリ辛彩サラダ、ピーナッツ豆腐、お味噌汁】




レシピの紹介です。

ハマチの漬け丼〜漬け出汁茶漬け〜(4人前)

〈材料〉
・ハマチ 200g
ニガリ濃口醤油 100ml
三年醸造醤油 50ml
・みりん 150ml
・ご飯 皆さんの食べられる量で
・ごま油 適量
・ネギ 適量
・大葉 適量
・生姜 適量

出汁の材料
・かつお節 15g
・水 1ℓ
ニガリ薄口醤油 180ml
・みりん 70ml

〈作り方〉
@水、淡口醤油、みりんを混ぜた物を沸騰させ、弱火にしてそこにかつお節を入れて2分ほど待ちます。かつお節を布やキッチンペーパーでこして出汁の完成。
A1日以上ハマチを【濃口醤油、三年醤油、みりん】を混ぜたものに漬け込む。(ハマチの身が漬からない場合は醤油とみりんを足す)
B丼にご飯を盛り、ハマチを盛り付け、お好みの量でネギ、大葉、生姜を乗せる。その後ごま油をハマチに1周かけてやる。ハマチの漬け丼完成!
C半分ほど食べてから温めた出汁をかけると漬け出汁茶漬けの完成!

漬け丼のまま食べるもよし、最初から出し茶漬けにしてもよし。おあがりよ!


タコとコーンのピリ辛彩サラダ 1人前
〈材料〉
蒸しタコ 50g
スイートコーン 20g
ピーマン 1個
バター 少々
黒こしょう 少々
塩 少々
ソイソルト 青唐辛子 少々

〈作り方〉
@タコ、ピーマンを小口切りにする。
Aフライパンを熱して、バターを溶かす。
Bタコ、ピーマン、コーンの順に炒める。
C塩、こしょうで味付けをする。
D盛り付け後、ソイソルトをお好みの量かけたら完成!

お味噌汁
〈材料〉
水 2L
お味噌 適量
わかめ 適量
豆腐 適量
うすくちだししょうゆ 50ml
にぼし 30g

〈作り方〉
@にぼしを水から熱して沸騰したら取り除く。
A味噌を溶かして、うすくちだししょうゆを入れる。
B召し上がる3分ほど前に豆腐をいれて沸かしてあげる。
Cワカメを食べやすい大きさに切り、器にいれて味噌汁を入れて上げて完成!



ピーナッツ豆腐
〈材料〉
水 4カップ
ピーナッツ 1カップ
片栗粉 1カップ
塩 少々
三年醸造醤油 適量

〈作り方〉
@ピーナッツと分量内の水をミキサーに入れ、細かく砕く
A細かく砕いたピーナッツ、片栗粉、塩、水を鍋に入れ、ダマにならないように混ぜる。
B中火にかけ、ヘラ等でかきまぜる。固まってきたらとろ火にして、ひたすらかきまぜる。
C固まったら、火からおろし、タッパー等の型に流し入れる。どんどん固まっていくので手早くする。
D十分にあら熱を取り、冷蔵庫で冷やして完成!
お好みでお醤油をかけたりしてください。今回は三年醸造醤油をかけてみました。



ハマチの漬け丼はとても美味しかったです。ごま油を少しかけているのも食欲がわき立てられ、出汁をかけることによりまた味わいが変わりすぐに完食してしいました。作った本人曰く「魚なら鯛や鯵でも使うことが出来るのでいくらでも楽しめます」とのことです。卵を乗せても美味しいらしいのでぜひ私も試してみたいです!

タコとコーンのサラダはシンプルな味わいにソイソルトの青唐辛子が口の中に広がりとても美味しくいただきました。青唐辛子の刺激が夏バテのこの時期には御箸が止まりませんでした。

お味噌汁はもう普通に美味しかったです。だししょうゆが入っているらしいのですが変な味になることも無く美味しかったです。
ピーナッツ豆腐は片栗粉を繋ぎとしているらしく、始めに名前を聞いた時は味が予想もつかなかったのですが、ピーナッツの味わいが優しく包み込まれていてお醤油ととてもマッチングしていました!私もぜひ試してみたいと思います(笑)


次回は少し日にちが空いてしまいます・・・すみません。
予定は25日の火曜日になっておりますので、また私たちスタッフの昼食会の記録を見に来てくださいね!

次回:かめびし1の料理の腕前を持つ男が満を持して登場?! お楽しみに!

↑トップへ

2015年07月28日(火)
かめびし屋連中(スタッフ)の新昼食会1回目【15回目】
なんと実に2年8ヶ月ぶりに開催されました。
突然休止とされていたあの昼食会が今再び新戦力と共に復活することになりました。

この昼食会の開催のきっかけは2点あります。
まず1点目は、店頭に来たお客様にかめびしのお醤油を使うメニューの提案をするためです。
2点目は、私たちスタッフが自分たちで作ったお醤油を使い、そのことによりかめびしのお醤油の美味しさを改めて知ことが出来るからです。


記念すべきリニューアル第1回目の昼食メニューはこちらになります。
【冷製サラダパスタ、具沢山の和風トマトスープ、白玉だんご】



レシピの紹介です
冷製サラダパスタの作り方(1人前)
〈材料〉
・パスタ 90g
・レタス 40g
・パプリカ(黄) 10g
・トマト 50g
・きゅうり 40g
・ベーコン 20g
500年の滴 (適量)
・オリーブオイル 大さじ5
・塩、こしょう 一つまみ

〈作り方〉
@:パプリカ、トマト、きゅうりを水洗をし、しっかりと水分をきってサイコロ状にカットしてまとめて冷蔵庫にいれる。
A:レタスを一口サイズに手でちぎり、冷水に入れて冷蔵庫に入れる
B:ベーコンを5mm幅に切り、炒める。
C:パスタを茹で、茹で上がったものを冷水で冷やす。
D:オリーブオイルと塩こしょうを混ぜる
E:@とAの野菜を冷蔵庫から出し、Dと和える。
F:パスタ、ベーコンを合わせ、500年の滴と和える。
G:Fを皿に盛り付けEを上に乗せて完成!

具沢山の和風トマトスープ
〈材料〉
・ホールトマト缶1/4
・玉ねぎ 1/4
・セロリ 20g
・キャベツ 70g
・ベーコン
ニガリ入り淡口醤油 15cc
・コンソメ 1欠片
・塩 10g
・こしょう 少々

〈作り方〉
@:ホールトマトを小さくカットする。
A:玉ねぎをくし切りにする。
B:キャベツは一口大にカットする。
C:せろりの皮を剥き、1cm幅の大きさで輪切りにする。
D:ベーコンを5mm幅にカットし炒める。
E:ベーコンを炒めた鍋で玉ねぎ、キャベツ、を炒める。
F:しんなりしたら水を入れ沸騰したら灰汁をとる。
G:Fにコンソメ、塩、こしょうを入れて10分程煮詰める。
H:Gにトマト、セロリを入れ5分煮詰めて完成!


白玉だんご
〈材料〉
・白玉粉 20g
ニガリ入り濃口醤油 5ml
三年醸造醤油 7ml
・みりん 13ml
・砂糖 10g
・水 53ml
・片栗粉 適量

〈作り方〉
@:白玉粉に水を注ぎ、こねて1口大に丸める。
A:沸騰した湯で@を茹でる。(茹で上がった物は冷やしたり、温かいまま食べられる場合はBを作ってから茹でるのでもOK)
B:ニガリ入り濃口醤油、三年醸造醤油、みりん、砂糖、水を合わせて沸騰させる。その後水溶き片栗粉でお好みのとろみを付ける。
C:Aを器に盛り付け、Bをかけると完成!




冷製パスタはうちの500年の滴(ゆずポン酢)を使用することによりあっさりとしていて食が進みます。野菜もふんだんに使われており夏バテ気味でもいっぱい食べられるかと思いますよ!
薄味に仕上げてありますので、ソイソルトやSoy.S.andオリーブオイルなどをかけてお好みに仕上る事も出来ますのでお客様のオリジナルパスタを是非作って下さい!

トマトスープはこちらも野菜ふんだんに取り入れ栄養万点でとてもヘルシーです!

デザート白玉だんごはみたらしだんごの白玉バージョン?!と思いながらも食べるとやっぱり美味しくてほっぺたが落ちるかと(笑)


次回:男3人が料理担当に・・・8月4日第2回新昼食会のゆくえはいかに?!?!

↑トップへ

2015年07月22日(水)
夏のイベント!!
イベントの様子をお知らせいたします。
まずは皆様ご存知、今井シェフ

今回は窯の状態を確認しているところです。

今回も今井マジック☆で地元の食材が
素晴らしい料理に変身。
料理を紹介いたします。


●ピザの生地焼きと焼きなす(Soy.Sandオリーブオイル使用)


●引田港産 地だこのグリルのサラダ(五〇〇年の滴使用)


●焼き野菜


●豆麹で漬けた牛肉の叩き(さぬき豆麹、ソイソルト使用)


●PIZZA マルゲリータ


●PIZZA ハモ(三年醸造醤油使用)


●PIZZA ズッキーニ(もろみソース)


●PIZZA とうもろこし(もろみソース)

●桃のソルベ/コンポート
(※あっとういう間に無くなり、写真が撮る暇なかったです・・)

料理のおこぼれを狙っていたのですが、
全く残りませんでした。 (涙

そして、今回初登場のアコーディオン奏者 新井氏。


新井さんの人柄がにじみ出た、優しいメロディと軽快なリズム。
かめびしで「新井ワールド」が展開されました。
しかもお客様のリクエストに応えて、
往年の名曲から最近の話題曲を演奏。
会場がとても盛り上がりました。







19日の花火、かめびしの敷地から良く見えました♪
雨だったらどうしようを本当に不安でした・・。



連日のイベント、皆様にご満足いただけました。
ホントかなぁ?と思われる方は
是非、次回のイベントにご参加下さいませ。
楽しさを実感頂けます!?

※プライバシーの都合により、画像を処理しております。
御了承下さいませ。

↑トップへ